新疆ウイグル自治区旅行計画~外国人は色々面倒

2021年4月3日(土)~5日(月)は中国の清明節で3連休です。せっかくなので旅行に行こうと思い新疆ウイグル自治区ウルムチ市行きのチケットを購入しました。ウルムチ市は新疆の中心都市「首府」ですが、観光する場所は多くありません。ウルムチ市近郊を含めた旅行計画を考えてみました。※内容は2021年3月下旬のものです。

ウルムチ市近郊旅行

ウルムチ市近郊で人気の観光地は下記です。

  • 天山天池
  • トルファン「吐鲁番」
  • 南山
  • 天山大峡谷

このうち天山天池が一番人気ですが、私の北海道の実家(山に囲まれた田舎町)と似たような景色なので、わざわざ行こうと思えないです。

複数の観光地があり、シルクロードの重要都市として栄えたトルファン市に行くことにします。

トルファン観光

トルファン市の観光地には火焰山、葡萄沟、坎儿井、交河故城などがあります。それぞれ点在していて自力で効率よく回るのは難しいです。ツアーを探してみました。

トルファンツアーは外国人参加不可

ウルムチの旅行会社やトルファン市の旅行会社計5社に連絡してみましたが、ツアーの外国人参加はNGでした。

このうち1社からは車のチャーター「包车」ならOKと返答を貰いました。ただ、「コロナ後外国人は来たことが無いのでトルファン市のコロナ対策センター「疫情防控工作指挥部」に連絡して確認を取ってほしい」との事です。

外国人トルファン観光申請手続き

早速、コロナ対策センターに連絡してみます。

「外国人がトルファン観光するには許可が必要。区县指挥部に連絡してほしい」と言われました。

今度は、区县指挥部に電話します。

外国人がトルファンに入るにはパスポート、ビザの写真・トルファンでの旅行計画をFAXで送信して、それが承認されればOK」との事です。トルファン中心部から90kmの場所にあるタクラマカン砂漠「库木塔格沙漠」に行くのは面倒そうなので今回パスしました。砂漠最寄りの新幹線駅「鄯善北」を使うにはまた別途申請が必要なのかもしれません。

FAXを送って、20分。折り返しの電話が掛かってきました。「直近いつ中国に入境したのか?」と聞かれたので「去年2月」と回答します。するとまた「確認するので、待ってくれ」と言われ、10分後電話がかかってきました。最終的に「外国人旅行条件を満たしているので、トルファンに来てもいい」となりました。

トルファン行き新幹線予約

承認が通ったので、トルファン行き新幹線を事前に予約します。ウルムチ発の始発は2等車が1席残っているだけでした。ギリギリ間に合いました。

f:id:denim012:20210326191528j:plain

ホテルの予約も面倒

今度は、ウルムチ市のホテルを予約します。Ctrip「携程」で「外国人宿泊可」の条件でフィルターをし適当に安いホテルに連絡してみました。

ただ、ホリデーイン等のホテルは宿泊不可で断られます。4星クラスのホテルでは外国人を受け付けていな所が多いようです。

仕方が無いので国家旅行局認定の5星ホテルに泊まることにしました。ホテルに「PCR検査などは必要ないか?」と確認すると「必要ない。ホテルでPCR検査を受けてもらう」との回答です。PCR検査は無料で、検査結果が出る前に自由に移動・観光することは問題ないそうです。

まとめ

外国人が新疆ウイグル自治区を旅行するのはまだ面倒な点が多いです。今回、トルファンに行くのに事前に申請しましたが、直接行っても問題は無いかと思います。ただ、その場合駅で申請することになるので1時間くらい足止めされる可能性があります。

あと、現地の旅行会社は外国人の扱いをあまり理解していないので、旅行会社ではなく政府機関に直接確認するのが一番確実です。

今回、新疆に行くと中国全省・全自治区踏破まで残り1か所(チベット自治区)となります。チベットはコロナ後1年以上外国人が行くことはできませんでしたが、ついに解放されます。近いうちに申し込んでみようかと思います。