【上海】崇明島西部サイクリング~マウンテンバイク1日レンタル

2022年7月3日(日)崇明島にサイクリングに行きました。

市内から公共バスで崇明島の中心部「南门」まで移動し、自転車をレンタルし島西部のサイクリングです。

崇明島「南门」への移動

崇明島サイクリングは約4か月ぶり。

▼前回は東部の「陈家镇」で自転車をレンタルしてサイクリングしました。

ai-china.hatenablog.com

今回は、島中心都市の「南门」までバスで行きます。フェリーでも行けますが交通が不便なのと時間が余計にかかります。

地下鉄1号線「汶水路」駅付近のバス乗り場着

申崇三线(南门)行きのバス乗り場でチケットを購入します。(20元)

08:40発のバスに乗りました。乗車率は3割ほど。

途中渋滞も無く「南门」到着したのは10:15。約1時間半で到着しました。

マウンテンバイクのレンタル

レンタル自転車屋「一米单车」は「南门」の長距離バス停、フェリー乗り場のすぐそばです。

受付には誰もいません。

「Wechat」でレンタル可能と書いているので試してみましたが何度やってもNGです。仕方が無いので、店の看板に書いている連絡先に電話します。5分ほどで担当の人が来てくれました。

レンタル料金はマウンテンバイク1時間20元・1日100元普通の自転車1時間15元・1日75元(デポジット500元)

店には新しいマウンテンバイクが飾られていますが、これらはまだレンタル不可で今後「Wechat」のミニプログラムでレンタル出来るよう対応中だそうです。

レンタル可能なのはどれもさび付いていてボロボロです。私がレンタルしたのもタイヤのフレームが曲がっているものでした。

サイクリング(南门→西沙明珠湖景区)

今回も1人で来ているので、適当にブラブラ走ります。とりあえずの目標は、二十数km先にある「西沙明珠湖景区」です。

島の外側の名も無き道をひたすら走ります。

この日の最高気温は32度。それほど暑くはないですが、日陰が全くなく常に太陽の強い日差しを浴びています。

ずっと島外側の道を走っていたのですが、途中で道が途絶えています。

「邻江村」村内を適当にブラブラ見て回ります。

その後「崇西公路」に合流して、観光地「西沙明珠湖景区」に向かいます。

西沙・明珠湖景区

13:00 西沙明珠湖景区到着。入場料は無料ですが、Wechatでの予約が必要です。

ただ、身分証以外にはシステムが対応していないので、外国人は紙の台帳に名前や連絡先を記帳します。

西沙湿地には、ものすごい数の小さい蟹がいます。

この小さな穴がカニの巣となっていて、出たり入ったりしています。

緑も綺麗で中々いい場所です。

サイクリング(西沙明珠湖景区→南门)

1時間ほど観光し次のサイクリングルートを考えます。

本当は崇明島の最西端や上海に2つしかない「乡」の1つ「新村乡」に行きたかったのですが、スマホの充電が残り30%と結構危険だったので南门に戻ることにしました。

(上海の区の下の行政単位には107の街道、106の镇、2つ乡がある)

帰りも行きとほぼ同じルートでスタート地点に戻りました。

15:40南门到着

帰りはフェリーで帰ろうと思っていましたが、1時間10分待ちだったので、行きと同じくバスで戻ってきました。今はコロナの影響かフェリー本数が少なくなっているようです。

まとめ

崇明島の西部にサイクリングに行きました。道が広く・信号が無く・車もほとんど通らないとサイクリングには中々いい条件がそろっていますが、アスファルトの上で日差しを避けるものが全くないので今の時期にはあまり向いていません。

また、「南门」から「西沙明珠湖景区」の20kmの間に商店やトイレは1か所もありませんでした。事前に「南门」で水などを用意していった方が良いです。

▼今回のサイクリング動画

youtu.be

▼今回のルート(最初の8kmは記録していなかったので、実際の距離は46km)

▼レンタル自転車屋「一米单车」では崇明島サイクリング案内のWechatミニプログラムを提供しています。

中国語・英語だけでなく、崇明の方言での観光案内を聞くことができます。

【イーサリアム】PoS移行後の「Ropsten」でガス代・処理速度を検証

今月、イーサリアムの「Ropsten」テストネットに「The Merge」アップデートが反映されました。

「The Merge」はイーサリアムのコンセンサスアルゴリズムを現在のプルーフ・オブ・ワーク (PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)に移行する大型アップデートで、テストネットでの検証後メインネットにも適用される予定です。

今回、PoS移行後の「Ropsten」にスマートコントラクトをリリースし、ガス代・処理速度などに変化があったのか検証してみました。

MetaMaskで「Ropsten」接続

まず、暗号資産ウォレットMetaMaskで「Ropsten」に接続してみます。

今まで保有していたイーサが「RopstenETH」に名称変更されています。※「The Merge」以前は「ETH」で表示されていた。

▼イーサスキャンで「The Merge」以前の私のアドレスと取引履歴を確認します。

以前の取引履歴は全て残っています。当たり前ですが、コンセンサスアルゴリズムが変わっても以前の方式でブロックチェーンに記録された情報は保持されています。

スマートコントラクトをリリース

以前作成したブログ投げ銭のスマートコントラクトをPoS移行後の「Ropsten」にデプロイします。※remix IDE使用

▼スマコンの詳細は過去記事参照

ai-china.hatenablog.com

デプロイ時のガス代として0.002311RopstenETHが必要でした。

5か月前にテストした時と同じように各関数を呼び出します。

ブログ記事から「送金」ボタンを押して、クライアントのMetaMaskからスマートコントラクトに送金します。

送金後、お礼のURLを受け取るまで15秒ほどかかりました。この処理速度は「The Merge」以前と大体同じです。

今回の各処理で必要だったガス代は以下の通りです。

  • デプロイ:0.002311445006ETH
  • setSecretURI():0.0001748475ETH
  • tip():0.00010915ETH
  • withdraw():0.0000761125ETH

▼詳細

https://ropsten.etherscan.io/address/0xd10d946C28e0F44F3f2dbDc008e2663aE328a537

5か月前に「Ropsten」で検証した際のガス代

  • デプロイ:0.00265ETH
  • setSecretURI():0.000286ETH
  • tip():0.000211ETH
  • withdraw():0.000106ETH

ガス代はネットワークの利用状況(時間や日にちが異なると)大きく変わります。ただ、大まかに比較すると「The Merge」前後であまり変わっていないように見えます。

まとめ

PoS移行後の「Ropsten」ネットワークにスマートコントラクトをリリースし、変更前とガス代や処理速度を比較してみました。

一通りの処理を試してみましたが、特に変更を体感できるような点は無く、ガス代・処理速度共に以前と変わらなかったです。

と言うのも、今回の「The Merge」はコンセンサスアルゴリズムが変わるだけのものです。マイニングが無くなるので電気代を無駄に消費せず環境に良くなるという事はありますが、現在の取引速度の問題や手数料の高さを改善するものではありません。

取引速度向上のためのアップデート(シャーディング実装)は別途開発が進んでいて、「The Merge」の後にメインネットに反映されるようです。

今後の暗号資産投資

以前から書いているようにブロックチェーン技術やweb3は将来的にまだまだ発展すると考えています。

そのため日本帰国後は、資産の大きな割合を暗号資産へ投資しようと考えています。

ai-china.hatenablog.com

暗号資産相場全体が去年のピークから大分下がっていて値ごろ感がでています。

【上海長寧区】マンションが突然封鎖~濃厚接触者が出て外出禁止に

昨日(6月25日)私の住んでいるマンションに濃厚接触者が出て、マンションが封鎖されました。濃厚接触者は隔離施設に強制的に移送され、我々マンション住民は外に一歩も出れない状態に逆戻りとなっています。隔離までの流れをまとめました。

濃厚接触者発覚からマンション隔離

昨日(6月25日)、濃厚接触者が発覚してから隔離されるまでの流れは下記の通り

■7:30~ 小区(住宅団地)を封鎖して強制PCR検査 ※全市民を対象とした毎週末実施される定例検査

■13:30 マンションのグループチャットで、マンション内に濃厚接触者が出たと通知

その後、濃厚接触者本人から謝罪と詳細についてチャットで報告

  • 21日の仕事終わりにタクシーを利用した
  • その運転手が25日にコロナ陽性
  • タクシー利用時はマスクをしていて運転手と会話していない
  • 濃厚接触者と認定された後に、PCR検査を受けて「陰性」だった。
  • 既に小区を離れ隔離施設いる。皆に迷惑をかけ申し訳ない

ただ、この時点ではマンションは封鎖されておらず、まだ自由に外出できる状態でした。(居委が「疾控中心」の指示を待っている状態)

■16:00 警察が来て、マンションの出入り口を封鎖 ※小区全体ではなく、マンション1棟のみの封鎖

■18:00~ マンション住民へのPCR検査 ※午前中に受けたばかりですが「单人单管」で再検査。(健康云アプリを使用)

外出してPCR検査を受けていない住民に対しては、個別に「直ぐに戻ってくるように」と連絡があったようです。

隔離期間と今後の予定

隔離期間と今後の予定についての通知がありました。

今回私のマンションは2日の封鎖管理+12日間の自己健康管理期間です。

封鎖当日・2日目・7日目・14日目にPCR検査を実施し、もし陽性者が出た場合封鎖解除が延期となります。

また、抗原検査キットが配布され月曜日以降に毎日実施する必要があります。

12日間の自己健康管理期間では、出勤や通学することは可能ですが、人が集まる場所やイベントに参加することは避けるように書かれています。

まとめ

昨日、マンション内に濃厚接触者が出て部屋から一歩も出れない隔離生活に逆戻りとなりました。幸い今のところ2日間予定で、家には再ロックダウンに備えた食料品や日用品の備蓄も多くあるので、先月よりも気が楽です。

私自身はコロナに注意していて、未だに会社を在宅勤務にしていたり、不特定多数の人が集まるようなショッピングモールやスーパーにも近づいていません。ただ、マンションの住人数百人の内1人でもコロナ感染や、濃厚接触者になると隔離されてしまうので、隔離は防ぎようがないです。

ちなみに、上海市の発表では24日、25日の新規感染者数は0人。濃厚接触者がチャットで話していたタクシー(DIDI?)運転手のコロナ感染は報告されいるのか・・。何故0人感染なのに25日に私のマンションが突然封鎖されたのか・・は謎です。

上海市が感染者情報公表(26日18時追記)

26日17時 上海市が2名のコロナ市中感染者を公表しました。このうちの一人がネット配車サービスの運転手です。

mp.weixin.qq.com

実際に陽性が発覚したのは前日の昼頃なので市の発表まで少し時差があるようです。

今回の2名の感染者の

  • 濃厚接触者は131人
  • 濃厚接触者の濃厚接触者は295人
  • 関連者は187,759人

私のマンション住民は関連者「相关人员」として隔離されているようです。隔離はされていますが、健康QRコードは緑のままで、25日・26日に実施した「单人单管」のPCR検査で全員陰性なら封鎖が解除される予定です。