内モンゴル自治区フフホト週末一人旅 昭君墓、風情園、五塔寺

f:id:denim012:20190322222758j:plain

2019年3月 内モンゴル自治区フフホト旅行2日目

10:00 ホテルをチェックアウト。

せっかく内モンゴル自治区に来たので、モンゴルらしい風景が見れる郊外の「蒙古风情园」に行ってみます。

f:id:denim012:20190324213037j:plain

蒙古风情园

バスを乗り継ぎ1時間半程で蒙古风情园バス停に到着。

f:id:denim012:20190324213116j:plain

バス停から更に1km歩いた場所に入り口があります。チケット売り場はありますが、誰も人がいません。そのまま無料で中に入れるようです。

f:id:denim012:20190324213359j:plain

かなり広い敷地ですが客は全部で10数人。

f:id:denim012:20190324213818j:plain

この観光施設の総工事費は3.4億元=55億円。

f:id:denim012:20190324213448j:plain

立派な建物が多いです。包=移動式住居ゲルのことです。

f:id:denim012:20190324213517j:plain

モンゴル帝国の初代皇帝「チンギスハン」を祀った建物があります。

f:id:denim012:20190324213605j:plain

ほとんどの建物が封鎖されて中に入れない状態でした。

f:id:denim012:20190324213723j:plain

口コミ情報では来る価値がない観光地だと言われていますが、確かにわざわざフフホトから1時間半もかけてくる価値は無いかと思います。

昭君博物院

次に蒙古风情园の近くにある昭君博物院に行きます。ここは中国の4大美女の一人「王昭君」の墓がある場所です。「王昭君」はテンセントの人気ゲーム王者荣耀のキャラクターの一人という知識しかないですが、せっかく近くまで来たので行くことにします。

有料の国道を3kmほど歩いて移動。

f:id:denim012:20190324213850j:plain

昭君博物院に到着。入場料はオフシーズン価格で30元でした。

f:id:denim012:20190324214037j:plain

王昭君の銅像。ここも観光客がほとんどいません。

f:id:denim012:20190324214011j:plain

この丘が王昭君の墓となっています。

f:id:denim012:20190324214114j:plain

丘の上からの景色。半分以上の建物が冬季閉館中です。

f:id:denim012:20190324214206j:plain

案内板には中国語、モンゴル文字、英語、そして日本語が記載されています。

f:id:denim012:20190324214259j:plain

金刚座舍利宝塔

市内に戻り前日にムスリムのおじさんに教えてもらった金刚座舍利宝塔に行きます。地元の人は「五塔寺」と呼んでいるようです。(入場料無料)

f:id:denim012:20190324214407j:plain

中には熱心にお祈りしている人がいます。

f:id:denim012:20190324214453j:plain

青城公园

もう特にすることも無いので、近くの公園「青城公园」を散歩します。

風が強いですが外で卓球をしています。

f:id:denim012:20190324214551j:plain

この日の最高気温は15度。池の氷も大分解けてきています。

f:id:denim012:20190324214657j:plain

中山西路

街の中心地、中山西路にはユニクロやメイソウ、スタバなどあり中国のよくある地方都市といった感じです。シェア自転車は「哈罗单车」がほとんどでした。

f:id:denim012:20190324214828j:plain

18:00 博曼海航大酒店から空港バス2号線に乗り空港に向かい上海に帰ります。

f:id:denim012:20190324214913j:plain

旅費まとめ

  • 上海虹橋-フフホト往復税込 (東方航空、上海航空) 880元
  • シェラトンフフホトホテル 328元
  • フフホト交通費 40元
  • 食費 175元
  • チケット 65元

計約1,500元。本当は内モンゴル自治区の有名な砂漠や草原に行きたかったのですが、片道3時間以上かかるため今回の土日旅行で行くのは諦めました。

内モンゴル自治区フフホト週末一人旅 市内観光(大召寺、イスラム街、博物館、焼売)

f:id:denim012:20190322221833j:plain

2019年3月16日(土) 内モンゴル自治区のフフホト市に週末一人旅に行ってきました。内モンゴル自治区は中国の華北、東北地方の中で唯一行ったことが無い場所だったので今回初旅行です。

フフホト旅行日程

1日目 上海虹橋空港06:45(MU5459)フフホト空港09:50→市内観光

2日目 郊外観光→フフホト空港20:15(MU9128)上海虹橋空港22:40

フフホト空港

フフホト空港到着。フフホト市内の案内板、看板には漢字だけではなく必ずモンゴル文字も併記されています。

f:id:denim012:20190322220407j:plain

10時発の空港バス1号線に乗り内モンゴル博物館に行きます。(15元)

内モンゴル博物館

20分弱で内モンゴル博物館到着。

入場は無料です。中国人は身分証明書をスキャンして中に入る事ができますが、外国人は入場チケット(2次元バーコード)を有人窓口で発行してもらう必要があります。

f:id:denim012:20190322220549j:plain

中は内モンゴルの古代からの歴史、各少数民族に関する展示、中国の宇宙開発の歴史などありなかなか見応えがあります。

f:id:denim012:20190322220755j:plain

各展示室にはガイドやボランティアの人が多くいてフフホトの観光地、名物料理モンゴル語など話を聞くことができました。

f:id:denim012:20190322220721j:plain

大召寺観光

次に大召寺にバスで向かいます。

美団アプリで乗ると99%OFFの市内バス

フフホトでは「美団」アプリの2次元バーコードでバスに乗れます。美団を使うと割引があり最初の4回は99%OFFの0.01元でそれ以降は0.8元でバスに乗れました。

f:id:denim012:20190322220855j:plain

席力图召

12:40 大召寺バス停到着。まず、席力图召に行きます。

f:id:denim012:20190322221038j:plain

この辺りは、「中国焼売美食街」となっており、シュウマイの店が数多くあります。(内モンゴルがシュウマイの起源らしいです)

f:id:denim012:20190322221122j:plain

大召寺

それからフフホト人気No.1の観光地 大召寺に行きます。(入場料35元)

f:id:denim012:20190322221233j:plain

土曜日ですが、観光客はほとんどいません。

f:id:denim012:20190322221458j:plain

中は結構広いです。 

f:id:denim012:20190322221339j:plain

格日勒阿妈(モンゴル料理)

14:00 美団の地元料理ランギングNo.1の店で昼食。

f:id:denim012:20190322231225j:plain

店に入ると張り紙「この店は店長から店員まで100%モンゴル族です。中国語があまり上手じゃないのもいるのでゆっくり話してください」だそうです。

f:id:denim012:20190322221628j:plain

一番人気の羊肉料理を頼みましたが、一人では食べ切れない量です。紅茶は甘くなく塩味が効いていておいしかったです。店員は全員モンゴル族ですが、見た目は特に変わらないのでモンゴル語を話していないと漢民族と区別はつきません。

f:id:denim012:20190322221558j:plain

イスラム教徒街

昼食後、イスラム教徒街に行きます。

f:id:denim012:20190322221910j:plain

適当に歩いていると、ムスリムのオジサンに話かけられました。「この建物は400年の歴史があって・・この場所は撮影するのにいいよ。」

f:id:denim012:20190322221954j:plain

「日本から来たの?中国は治安がいいでしょ。」そんな話をしながらイスラム街の建物の解説やフフホトのお勧め観光地を教えてもらいました。

f:id:denim012:20190322222032j:plain

 シェラトンフフホトホテル

チェックインの時間になったのでホテルに向かいます。今回宿泊したのはフフホト列車駅近くのシェラトンフフホトホテル。

f:id:denim012:20190322222150j:plain

一人旅なので安いホテルでも良かったのですが、前回紹介した通り安く宿泊できたので5つ星ホテルです。

ai-china.hatenablog.com

昼に食べ過ぎたのでプールで泳いで少し休憩。晩御飯はホテル近くの人気のシュウマイ店にします。

老绥远(シュウマイ店)

フフホト駅近くで人気No.1となっていた「老绥远」に行ってみます。

f:id:denim012:20190322233214j:plain
店で一番人気の焼売を頼んでみました。写真では伝わらないですが、かなりのボリュームです。

f:id:denim012:20190322233402j:plain

食べ過ぎたので少し散歩をしてホテルに戻ります。

f:id:denim012:20190322233022j:plain

 続く

クオンツ投資セミナー プロへの道~実際にプログラム取引を始める前に

昨日は中国で受講しているクオンツ投資セミナー「初阶!量化交易:策略编写及系统搭建」の6回目(最終回)でした。

最終回のテーマは「クオンツ投資のプロになるための必修科目」。今までは株式取引プログラムの作成(売買判断、資金管理)、過去相場での検証方法の基礎について学んできました。今回は、実際にプログラムを使った取引する上で知っておくべき知識について話がありました。

 基本的なデータ処理:Level1 Ticks

中国株式のクオンツ投資プログラムに必要な株価情報の取得元としては下記があります。

  1. 証券取引所 直接提供データ(上海証券取引所、深セン証券取引所)
  2. サードパーティーによるインターフェース・API(Wind、东财Choice、Tushare、JQdata、掘金量化)
  3. 経済情報サイトスクレイピング(新浪财经、东方财富、巨潮资讯)
  4. 株式売買アプリ(同花顺、图表交易软件)
  5. オフラインデータパック(Wind、淘宝)

上から順に信頼度が高く、実際の取引プログラムを作成する上では1.2.のどちらかを使用することになります。ただ、証券取引所に直接接続してデータを取得するのはコストが高く素人が個人で使うのは現実的ではありません。

提供されるデータの粒度(Tick)は2種類あります。

  • Level1(3秒固定間隔集計データ)
  • Level2(リアルタイム取引情報)

当然Level2のデータを取得する方が費用が高くなります。

今回の講座ではLevel1 Ticksで取得したデータ(3秒ごとに取引記録)を元に1分足、1時間足、日足のローソク足データを作成するプログラムの解説がありました。株式分割の考慮や異なるデータソースを取扱う際には注意が必要になります。

実践クオンツ投資戦略

Hans123

上記で処理したデータに対して、「Hans123」を使った売買プログラムの解説がありました。Hans123は、先物取引でよくみられる有効な戦略で百度などで検索するとサンプルプログラムが見つかります。

ただ、ネット上にあるプログラムは考慮不足があったり、有名なプログラムであれば逆にそのプログラムの隙をついたプログラムで狙われる可能性もあります。ネット上のプログラムを直接使うのはリスクが高いです。

3指標(KDJ、移動平均、取引高)のみでの売買

次に中国株式市場に簡単でかつ有効な売買戦略について解説がありました。

KDJ指標(中国でよく使われるテクニカル指標)と移動平均線、平均取引高のみを使って購入タイミングを判断、移動平均線のみを使って売却タイミングを判断します。

26年分の過去相場データを使ったバックテストで検証しても上証指数を大幅に上回るパフォーマンスを出し、かつ最大損失「最大回撤」も上証指数の4分の1となっています。

 より良い戦略の研究

より良い戦略を作成するために個人投資家(人間の心理)について解説がありました。人間が取引をする際には心理的な問題から理性的な判断が出来ないことが多くあります(損失を確定させるのを恐れてロスカットできず塩漬けにする等)

プログラム取引を行うことで、そのような心理問題を避け、かつ利用するように取引することが出来ます。

実際にプログラム取引を始める前に必ず守るべきルール

最後に実際にプログラム取引を始める前に必ず守るべきルールについて話がありました。プログラムを過信し過ぎずにあらゆるリスクを考慮する必要があります。

プログラムにバグが無いか、特定の状況(もみ合い、右肩上がり)にだけ正しく動作するのではないか、資産をつぎ込み過ぎていないか など等

講師が運用しているプログラムでも去年11月に予期せぬ出来事(提供された株価データが誤っていた)があり大幅に損失を出したそうです。また、12月には先物取引所で15分間取引が出来ない状態となり、その後価格が大きく乱高下しました。

このような想定できないような問題があるので過信は禁物です。